指原莉乃写真集 スキャンダル中毒

9784063899528.jpg


●商品基本情報
タイトル: 指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 指原莉乃写真集
発売日: 2016年03月22日
著者/編集: 細居幸次郎
出版社: 講談社
サイズ: ムックその他

●商品説明
指原莉乃がラスベガスで挑んだ新境地SEXY! 
過去最高に美しく、エロティックな姿に、これまでの彼女のイメージを覆される。

2015年のAKB48総選挙で1位に輝いた指原莉乃を、世界一のエンターテイメントとギャンブルの街、ラスベガスで撮り下ろし。
彼女のセールスポイントである美脚&美尻を大胆にフィーチャーし、逆境を乗り越えてきた女性だけが持つ妖しげな色香を捉えました! 
これまでの指原莉乃のイメージを覆す、新境地SEXYショットに挑んだ意欲作。
現役No.1アイドルによる過去最高写真集の誕生です!

【注目ポイント】
■現役No.1アイドル・指原莉乃が挑戦した過去最高SEXY!
■「指原莉乃の新たな一面を引き出す街」として、欲望の都・ラスベガスを舞台に選出。
■昨年10月、4泊6日のラスベガス・ロケを敢行。ベガスを代表するホテル『ベラージオ』や、ダウンタウンのネオン街、うらびれたモーテルの一室、現地の個人宅などで撮影。
■指原莉乃のセールスポイントである美脚&美尻を大胆にフィーチャー! 初ランジェリーショットも多数収録!!
■アイドルの域を超えた、アンニュイで妖艶な色香。”Sin City”ラスベガスで展開されるスリリングなフォトストーリー。
■巻末には2万字ロングインタビュー掲載! 撮影時のエピソード、ラスベガスでのショー観劇体験で得たもの、指原的アイドル論から、総選挙への思いまで独占告白!!

【プロフィール】
■指原莉乃(さしはら・りの) 1992年11月21日生まれ。大分県出身。
2008年からAKB48の5期生として活動開始。2012年に、博多を拠点に活動する姉妹グループHKT48に移籍。
現在はHKT48劇場支配人も兼務している。2013年と2015年にAKB48総選挙で1位を獲得。
ソロとしてもバラエティ番組にも多数出演し、常に話題を呼びつづけるAKB48グループのトリックスター。

■細居幸次郎(ほそい・こうじろう) 1978年生まれ。大阪府出身。
女優、アイドルなどのグラビアやポートレートを中心に活動する、いま一番注目の若手カメラマン。
詩情とエロティシズムを感じさせる作風でタレント・読者の両者から熱い支持を集める。
代表作に乃木坂46・生田絵梨花写真集『転調』や土屋太鳳1stフォトブック 『DOCUMENT』など。


●レビュー引用


さしこはほんとにスタイルナイスでセクシーだがややピントずらした画像が多くもっと鮮明画面の方がより嬉しかった



写真集の内容は非常に良かった。一枚ずつ服を脱いでいくがいやらしくない。美脚が日頃のスクワットと節制の賜物なのだと思わせる。そして最後のインタビュー記事を読めるのが良い。全てを読み終え、また最初から写真集を見るとまた違って見える。



期待と不安が半々でしたが、数ページで不安は消えました。
相変わらず良いオシリです。胸もちょっと大きくなった?
写真集としては安いなので、ページ数は少ないですが
SEXYなページは多いのでお得ですね。
今までのグラビアのさっしーとは違い、オトナな莉乃が
見れてオススメです。




魅力がある。本作品は読後感が爽やかでなかなかの佳作。彼女は飾らずとも、その身ひとつで十分美しい。美肌、美脚、美尻はもはや言うまでもない。本作品集でもその魅力を遺憾無く発揮している。全編を通して上品かつシンプルに彼女を表現している。
そう、シンプルに尻の膨らみをあらわにしている、その腰の張りからすらりと伸びる脚。ただただ美しく綺麗だ。
また、胸の膨らみがチラリと覗くところもなかなかエロティックで見逃せない。表紙にもなっている黒のランジェリー姿が絶品だ・・・白い肌にあいまって、妖しくも気品さえ漂わせているあたりは指原莉乃でなければ表現できないだろう。
ところで、アマゾンでこのようなレビューが目に留まった。この写真集で「EDが治りました」という、おじさまのレビュー。・・・そうなのだ!? 指原莉乃はいろいろな意味で現代の救世主なのかも知れない。
ただ、主にラスベガスで撮影されたそうだが、その利点が活かしきれているだろうか? 判然としない作品も見受けられるのは、少し残念なところでもある。



>指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 [ 細居幸次郎 ]

価格:1,890円
(2017/2/11 21:22時点)
感想(15件)


にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村


HKT48ランキングへ

この記事へのトラックバック